SEOツール比較

SEOツール コピーコンテンツのチェックツール三選


SEO対策において、コピーコンテンツの対策は重要です。
なぜなら、検索エンジンが「このコンテンツはオリジナルではない」と判断すると、検索順位は低下してしまうからです。

知らず知らずのうちに既存のコンテンツと似通った「コピーコンテンツ」になっているかもしれません。
また、自社のコンテンツがコピーされている可能性だってあります。

それらを確かめるために使えるツールをいくつか紹介します。

1.sujiko.jp

sujiko

sujiko.jpでできることは三つあります。
(1)二つのページを比較して類似度を確かめる「類似ページ判定」
(2)あるサイト内に、指定したページと似たようなページがあるかどうかを調べる「サイト内類似ページ判定」
(3)指定したページと似ているページを自動で抽出する「サイト外類似ページ判定」

類似の程度を「低」「中」「高」「激似」の四段階で表示してくれるため、分かりやすいです。
また、どれほど類似しているかということだけでなく、それに対する見解も簡単に説明してくれます。
無料なので、お金はかけずに気軽にコピーコンテンツをチェックしたいという方におすすめです。

2.影武者

%e5%bd%b1%e6%ad%a6%e8%80%85

影武者でできることはつぎのとおりです。
(1)チェックしたい文章を入力し、すべてのサイトあるいは指定したサイトから検索する
(2)ファイルをアップロードして解析できる
(3)コピーチェックした履歴をストックできる
(4)解析結果のCSVをダウンロードできる

登録月は無料で10回まで使用することができますが、それ以降は有料(4,320円~/月)です。
有料なだけあって、ただコピーコンテンツをチェックするだけにとどまらず、履歴や結果の保存といった便利な機能があり、これを活用することでコンテンツSEOの継続的な改善が見込めるのではないでしょうか。

3.コピペリン

copiperin

このツールは記事作成を外注している方向けといえるかもしれません。
また、とにかく細部までこだわっているツールです。その特徴を紹介すると

(1)記事を自動で文節ごとに区切り、細かくチェックできる
(2)ウェブサイトとウェブサイトの類似やウェブサイトとファイル(記事)の類似だけではなく、ファイルとファイルの類似もチェックできる
(3)コピーが疑われる箇所は赤文字でアラートしてくれる
(4)完全に文章が一致している場合はもちろんのこと、単語の順番を入れ替えている場合も検出する

このように、上記二つのツールよりもさらに親切丁寧にコピーチェックしてくれるものといえそうです。
文節ごとに区切って分析するので、かなり正確な結果が出ると思います。
レポートをダウンロードして外注のライターに共有することもできます。

このツールは6,480円/年で、使用回数は無制限、サポートも万全です。
かなり高性能なツールです。

これらを利用し、もし重複するコンテンツが見つかった場合には内容を少し変えてみるなどして、

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

19 + four =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)